マタニティ専用の洋服を買って後悔

妊娠中に買って後悔した物はなんですか?

肌着、下着以外のマタニティ専用の洋服全般

 

買って後悔した理由

下着、肌着類は直接身体に触れる物なので、素材やサイズなどがどうしても必要不可欠となってきますが、洋服は妊娠後期までは殆ど今まで着ていた洋服で済みます。特にワンピースだとお腹部分がゆったりとしているものが多いので殆ど買いたす必要はありませんでした。ちょっとくるしいかな、という時期にはゆったりめのトップスとウエストゴムのスカートで充分でした。ウエストゴムのものは妊娠期間に合わせサイズを調節できるのでとても便利。ロングスカートは更に便利で胸の部分から履けば、チュニック風になるのでウエストはフリーの状態になります。洋服で特にこれは買わなくて良かった、と思うのは、ボトムでした。足が冷えないようにとウエストの大きめのものを購入しましたが、出産後は着ることができないし、妊娠後期に入ると急に大きくなるので長く着まわせることができませんでした。ウエスト部分がゴムでも、既製品のものならサイズ調節は非常に難しいです。

 

 

 

買ってよかったもの

マタニティー用の抱き枕&授乳用のクッション

 

買って良かったした理由

マタニティー用の抱き枕&授乳用のクッションが一緒になってる2wayタイプが良かったです。

 

お腹が大きくなってきた頃には、仰向けに寝ることが出来なくなってしまい、横向きばかりになるので身体に非常に負担がかかります。そういったときに抱き枕は、お腹の苦しさを軽減させ身体がリラックス状態になるので重宝します。

 

出産後は、抱き枕を授乳クッションとして使用できるので、赤ちゃんをずっと抱っこしているお母さんにとってはとても便利です。産後は思ってる以上に身体の回復が遅いので、毎日の苦痛を軽減できるアイテムの中ではとても使い勝手が良い品です。