あかちゃんのドレスを買って後悔

妊娠中に買って後悔した物はなんですか?

退院時用に着せるあかちゃんの真っ白なドレス

 

買って後悔した理由

初めて妊娠をした時にすごく嬉しかったのと、事情があって親に頼ることが出来なかったので、もし切迫早産などで産まれたら何も揃っていなかったら

 

大変だと思い、ベビ−服やベビ−カ−、ベビ−バスなどある程度買っていて、特に退院時に着せる赤ちゃんのドレスなどとっても可愛いのを選んで購入し

 

部屋に飾っていました。ちょうどツワリの終りかけには、ほぼ揃っている状態でした。私の場合は、子宮筋腫の合併妊娠で経過も悪く、

 

妊娠6ヶ月で切迫入院、その後、運が悪く子どもは妊娠7ヶ月で胎内死亡が確認され、死産してしまいました。夢にまでみた白いドレスが

 

死に衣装になってしまいました。亡くなった子どもに着せたのですが、今でもその光景は忘れません。悲しい思い出となってしまいました。

 

死産後に他の人に聞いたら、赤ちゃん用品などは、出産ギリギリに買う方がよいそうで、あまり早くから買わない方がいいと言われました。

 

きっと、無事生まれるかまだ分からないからと言うことだったんだなと、赤ちゃんを亡くしてから知りました。次に産まれた子どもには

 

あかちゃんドレスは着せませんでした。

 

買ってよかったもの

妊娠中期からお腹の重みで腰が痛くなるので、大活躍の腹帯

 

買って良かったした理由

腹帯はてっきり昔の世代の人が言うだけの、縁起担ぎのものだと思っていましたが、実際に妊娠してみて妊娠中期で腰がものすごく痛かった時に、試しにと腹帯をしたら

 

本当に楽でしょちゅう使っていました。私の場合は、布の巻くタイプよりマジックテ−プで伸び縮みするコルセットのような

 

腹帯がものすごく使いやすかったです。何度も何度も使ったので、今みるとマジックテ−プがぐしゃぐしゃになるほど使っていました。

 

あれはちょっと高くても買ってよかった!と今でも思います。